口ずさみながら読みたくなる?音楽や歌を題材にした漫画 5選

音楽や歌を題材にしたおすすめ人気漫画を紹介していきます。

まず1作目は様々な漫画賞にノミネートされている人気作、
「BLUE GIANT」です。
この作品は、ジャズを題材にしており、主人公の大はサックス奏者になります。
巻末の内容から、彼がやがて偉大なプレーヤーになったことは間違いありません。
彼の泥臭い演奏は漫画を飛び越えて、聞こえるハズのない音が
確実に私たち読者の耳に届き、自然と体がリズムに乗っていることでしょう。

2作目は、「心が叫びたがってるんだ」を挙げます。
映画で観たという方も多いでしょう。
ミュージカルを題材にしたこの作品は、少年少女の言えない
心の叫びを上手く表現しています。
卵の殻に閉じ込めてしまった自分の想いを音楽に乗せて吐き出す時、
新たな世界が開けるのです。
苦しい時ほど、上を向いて歌えば救われることもあるでしょう。
ミュージカルに普段興味のない方でも、この作品を読めば
不思議と口ずさみたくなります。

三作目は、「たそがれたかこ」です。
この作品は、音楽漫画と言う訳ではありません。
主人公の中年女性たかこが夢中になっているのがラジオから流れる
音楽バンド、ナスティインコのボーカル光一の声なのです。
誰かの声で自分の人生に彩りが生まれたり、新しい何かが
開花することもあります。
音楽は様々なきっかけをプレゼントしてくれることも多いのです。
最近そういえばラジオなんて聞いていないかもと感じた方も居るでしょう。
自分だけのお気に入りバンドを探す楽しみに、ラジオを利用するのも手です。

四作目は、「G線上のあなたと私」になります。
G線上のマリアに心惹かれ、大人のバイオリン教室に通い始める女性を描いた作品です。
恋愛要素が強いのですが、大人になってもワクワク出来る
何かがある方は素敵に輝いて見えます。
いくつになっても、向上心を忘れず好きなことに
向き合えるのは幸せだと言えるでしょう。

最後の5作目は、「日々ロック」です。
いじめられっ子が仲間とバンドを組んで、全然認められなくても
愚直に生き抜いていく青春漫画に、カッコ悪くてもいいじゃんと応援したくなる方もいるでしょう。
思ったようにいかないのもまた人生で、それでも
楽しく生きることが一番大事だなと気づかせてくれる作品です。
この作品を読めば彼らの無茶苦茶な歌詞に、自分も思いを乗せて歌いたくなるでしょう。
以上の5作品を紹介してみました。
最近ちょっと疲れているなと感じる方は、
音楽漫画で自分の想いを発散出来ると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です