ヤクザや水商売、闇組織・・・アングラ系漫画が好きなあなたにオススメの漫画 5選

人間の闇を描いている漫画は結構多いです。一般社会では知ることのできない秘かな社会について、ディープな世界について、知ることができるのは、漫画の強みです。そんなアングラ系の漫画を紹介します。

カイジ」は映画化もされたヒット作です。漫画を通して、ギャンブルが描かれていますが、単なるギャンブル漫画ではなく、そこには人間の抱えている闇だったり、本音が交錯しています。漫画でありながら、リアルな筆致と鋭い人間描写は読む人を釘づけにしますし、普段知ることができない世界を体験できるのでオススメです。読んでいるうちに時間を忘れますし、読後感もスッキリするので、モヤモヤした気持ちも吹っ飛ぶくらい爽快感のある漫画で人気があります。

人間の闇と言えば、藤子不二雄Aの代表作、「笑うせーるすまん」がオススメです。アニメ化もされたヒット作で、一話完結の痛快なストーリーが見どころです。毎回主人公は心に闇を抱えていますが、それは誰にでもあてはまる普遍的な闇であったり、悩みです。ブラックユーモアが好きな人にぜひオススメです。

裏の世界を描いたヒット作では「闇金ウシジマ君」も人気です。山田孝之さん主演で映画化もされました。痛快なストーリーで、裏の世界が手に取るようにわかり、勉強になります。水商売や闇組織など、ふんだんにテーマが盛り込まれているので、こういった社会に興味がある人は一番オススメの漫画です。

アングラ系のパイオニア、「つげ義春」の漫画もおすすめです。読み切りサイズが多く、どれも切なく、後味が物悲しいですが、その時代背景や環境を考えると、何とも言えないノスタルジーを感じさせ、味わい深いです。ねじ式は映画にもなっていますし、義男の青春など、読みやすいので初心者の方はまずこちらから読み進めるといいでしょう。

土竜の唄」もオススメです。最近では、生田斗真さん主演で映画化されているので、人気です。ヤクザの闇組織を痛快に描いた傑作で、誰でも違和感なくその世界に入っていけます。爽快感のある作品なので、一気に読み進めることができます。漫画も映画もあわせて体験することがおすすめです。きっとその世界にはまります。

どれも名作であり、傑作です。秋の夜長や長期休暇にぜひ手に取ってみてください。どれも人間描写が素晴らしく、手に汗にぎる内容であり、見ていてハラハラドキドキのオンパレードです。人に薦めたくなるような作品ばかりですので、本当に価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です